IT

2つのDMP

女性

多くの企業が注目を集めているDMPは「データマネジメントプラットフォーム」を略した言葉となります。このDMPはインターネット上に自社のデータを管理できるシステムで、広告配信を行う際に必要となるプラットフォームです。広告は企業にとって非常に重要になることで、広告を疎かにしてしまうと企業の知名度を上げることができません。そのため、企業の宣伝効果を高めるDMPは非常に重要なプラットフォームとなりますが、それだけでなくクリエイティブ分析を自動で行なってくれます。クリエイティブ分析をすることで、どれほどの宣伝効果があるのかが分かるので、企業側にしてみれば有り難いシステムです。

DMPには大きく分けて二種類のDMPが存在しています。1つがオープンタイプで、もう1つがプライベートタイプです。オープンタイプはクラウド型となっており、色々なwebサイトからデータを集約できるタイプで、多くのデータを保存しておけるのでとても便利です。プライベートタイプは企業独自のデータを集約するタイプで、外部の情報と結び合わせることでオーディエンス情報と合わせて構築するタイプとなります。プライベートタイプは取得の難しい外部データを組み合わせる事ができ、データの保存先が企業にあるという点に違いがあります。このように、2つのDMPが存在しているので、企業側は自社に合ったDMPを使用するようにしましょう。そうすれば、事業が上手く行き自社の売上げを大きく伸ばすことが可能となります。